相続人は誰?

お気軽にご相談ください!

06-6940-4111

平日朝7時から夜10時まで対応!(土日祝も対応可)

初回3時間まで
無料相談実施中!

相続人は誰?

日付:2016年07月14日 カテゴリ:相続の基礎知識

法律(民法)では、故人の財産を誰が相続するかをあらかじめ定めています。

妻(夫)は必ず相続人となります。ただし、離婚をしていたり、内縁関係の方は
相続人とはなりません。以下、次のとおり相続人となります。

第1順位
亡くなった方の子供。
その子供が既に亡くなっていた場合は、その子供の子供、つまり孫が相続人となります。

第2順位
亡くなった方の両親。
子供がいない場合は、亡くなった方の両親が相続人となります。また、両親が亡くなっており、
祖父母が生きていた場合は、祖父母が相続人となります。

第3順位
亡くなった方の兄弟姉妹。
子供(孫)もなく、両親(祖父母)もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。なお、兄弟姉妹が
既に亡くなっている場合は、その兄弟姉妹の子供が相続人となります。

上記は、被相続人が「遺言」を遺されていなかった場合です。

「遺言」がある場合は、そちらが優先されます。