戸籍などの取得について

お気軽にご相談ください!

06-6940-4111

平日朝7時から夜10時まで対応!(土日祝も対応可)

初回3時間まで
無料相談実施中!

戸籍などの取得について

日付:2016年11月10日 カテゴリ:相続登記

不動産の相続による名義変更や、預金の解約などで一番集めることが大変な書類は、戸籍関係ではないでしょうか?

被相続人(亡くなった方)の戸籍等は、出生から死亡までの除籍、原戸籍、改製原戸籍、最終の戸籍が求められます。

では、それらはどこで取得できるのでしょうか?

取得方法

まず、最終の戸籍を本籍地の役所で取得します。最終の住所地に本籍を置いているとは限りません。

最終の住所地が、「大阪市」であっても、本籍地は「那覇市」という方も多くいらっしゃいます。

本籍地で戸籍を取得する際は、役所の窓口に行かれる場合は、窓口の方に

「相続で使うので戸籍が必要です。」と伝えていただくと役所の方がその役所で取れる全ての戸籍関係の書類を出してくれます。

次に、その前の改製原戸籍などを取得するには、その役所で取れた戸籍に「どこどこから入籍」と書いてますので、

その役所に改製原戸籍などを請求します。それを繰り返ししていくと被相続人の出生までたどり着くことができます。

上手くいけば、1つの役所で全て取れることもありますが、比較的まれなケースですね。

大体、3~4ぐらいの役所に請求することになります。

また、取得通数ですが、亡くなられた方の年齢にもよりますが、4~5通ぐらいが平均的です。

取得費用

現在の戸籍謄本は、1通450円です。

除籍や原戸籍、改製原戸籍は、1通750円です。

これらは、全国共通の値段です。

 

司法書士 那須 弘成